2007年 10月 13日

文具赤クリップ本買った日記

e0015461_19105787.jpg

本日の赤クリップ本
伊東屋『RED CLIP SELECTION vol.1』…¥500

文具好きにはお馴染み、というかココロのフルサトであるところの銀座伊東屋が年鑑として出した店頭商品カタログ。副題は「銀座・伊東屋がおすすめする116のステイショナリー」。伊東屋の店頭でのみ販売されています。
A4判148Pフルカラーって小売りの作るカタログの域は軽く超えちゃってますが、中身がまたスゴい。基本1ページ1アイテムを紹介しているんですが、その商品写真が信じられないぐらい美しい。高額な万年筆ならまだしも、1本136円のプラ字消しや63円の赤青鉛筆でこんな美しい写真なんてみたことがない。
大輪の花のように広がる120色水彩鉛筆、いくつものメタリックカラー軸が複雑に絡み合った伊東屋オリジナル鉛筆、黄金色に輝くゴムのり。ああ、文具ってこんなに綺麗なもんなんだなぁ。見ているだけでもため息が出ます。うっとり。
ちなみにこの写真は、ロコモーションパブリッシング刊『やかんの本』で美麗な“やかん”の写真を撮られたカメラマン氏によるものです。なんとなく納得。

「これで500円て、いくら商業出版じゃないからってエエんですか?」と思ったら、なんと初回500冊(店舗限定)には500円の伊東屋ギフトカードが付いてきます。え? それ結局タダじゃねえの? っつかカタログ自体はレジで499円という打ちになっていたので、1円損してるぞ伊東屋。

文具好きマストバイ。とにかく黙って買って、黙って写真見て、黙ってうっとりしておくべきだと思う。
年鑑ということで、今後は毎年このクオリティでカタログ出してくれるのかなあ。嬉しいなあ。
[PR]

by tech_k | 2007-10-13 19:58


<< 文具以外買った日記      文具回転専用日記 >>