<   2006年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2006年 01月 31日

文具以外ほしいもの日記

先日の『ドキッ おポリスだらけの大職務質問大会2006 調書もあるヨ!? in池袋』にて10年愛用していたキーホルダー(クボタン)を没収されてしまい、いま私のコートのポケットの中では鍵束がハダカでじゃらじゃら言ってる状態です。いちおう大きめのキーリングでまとめてはあるんですが、やはり鍵とは手触り・サイズの違うものが付いていないと、手探りで必要な鍵を選ぶときの目印が無くて不便です。
で、どうせキーホルダーを付けるなら、何かこう、イカすギミックがついてるとか変形するとか合体するとか、そういうヤツが欲しいのですよ。何かカックイイの、ないですかね。どなたかお知恵を拝借。

レザーマンのスクォートPなんかがいいなと思ったんですが、これだと万が一また職質受けた時に「ナイフついてんじゃねぇか」と言われると鬱陶しい。とりあえずその辺りからのツッコミを受けずに済むヤツを希望します。


これちょっとソリッドでカッコイイすね。
http://osaka.cool.ne.jp/yamakatsu/doc/gadget/gad03.html

ノーギミック・ナマ・ナマコ。
http://www.a-e-i-o-u.com/mt/archives/000792.html

合体の意味がほのかに違います。
http://www.interq.or.jp/king/toyokuni/etc/gazo/5118.jpg
[PR]

by tech_k | 2006-01-31 15:43
2006年 01月 29日

文具収録日記

e0015461_17133914.jpg

本日はテレビ東京系『開運 なんでも鑑定団』の収録でした。コレクターが番組上でレアアイテムを探してもらう『幻の逸品買います』コーナーに出演します。いえー。
今までは頑なに「自宅での収録は勘弁してください」と言い続けてきたんですが(事前の掃除が面倒だから)、今回ばかりは自宅を使わないと撮影できないということで、きだて御殿初公開とあいなりました。いえー。本の宣伝のためなら色々とするのです。いえー。
こんな感じで出ました。いえー。

e0015461_17284031.jpg

レポーターの西田美歩さんが死ぬほど可愛くて、むしろ死にそうでした。いえー。
しかも、事前に『イロブン 色物文具マニアックス』を読み込んで来てくださって、「あーこれ実物が見たかったんです」「あの怖い人形のヤツ見せてくださーい」とおねだりされるわけですよ。そらもう、おじさんメロメロもやむなしじゃん?
こんな西田さんにアレとかアレを突きつけてキャーキャー言わした『幻の逸品買います』コーナーは、2/28(火) 20:54〜 テレビ東京系列『開運! なんでも鑑定団』でチェキ!!(地域によっては放送日が変わります)
[PR]

by tech_k | 2006-01-29 17:40
2006年 01月 28日

文具以外買った日記

ここ3日ほどのお買い物
『パーソナルファックス SFX-P37』サンヨー…¥19800
『究極の文房具カタログ』高畑正幸…¥1575
『深海生物ファイル』北村雄一…¥1700

ここ6年ほどキヤノンのインクジェットFAXを使ってたんですが、用紙引き込みの機構が完全にいかれて印刷ができなくなったので、緊急買い換えです。FAXはヨメがきだて実家の仕事手伝いで使っているだけなので、領収書を切って実家に買ってもらうことに。ほんの数年前まではFAXも固定電話も必須家電だと思っていたのに、今は本当に必要度が下がったものですよ。
ところで最近のFAXは印刷用にラップみたいな巨大インクリボンロールを使うんですね。ずっとキヤノンだったからシラナカッタヨ。ってかキヤノンの現行機種も主流はインクロールです。各社ともだいたい一巻きでA4が90枚印刷というのが基本らしいですが…不経済だなぁオイ。
色々と検討した結果、印字面の白部分をカットしてインクロールを節約する機能が付いているサンヨーのSFX-P37を購入。この手の日常機械は、とにかくランニングコスト重視。

文具王の本、梅田のブックファーストに2冊しかなかったところを1冊購入。もっと入れてくださいよブックファーストさん。それとも結構な初速で売れているのか。みんなも買おう文房具カタログとイロブン。

『へんないきもの』流行のおかげで、大好きな深海生物関係の本が立て続けに出版されているのは喜ばしい事です。極地生物の極端な身体カスタマイズってかっこいいですよ。この本は写真も多く、眺めているだけで満腹です。ユメナマナコやらメンダコのいい写真があって嬉しい。
あと、説明文もわかりやすくて面白いです。今まで「ほとんど透明でカウンターシェーディングの必要がないはずのユウレイイカに発光器官が付いているのはなぜだ」というのが疑問だったんですが、「ユウレイイカの発光器官は、墨袋・内蔵・目の下にだけ付いている」という一文に大スッキリ。すげぇ! ユウレイイカすげぇよ!
自分の影を下に落とすと補食生物に見つかりやすくなるので、自ら発光することで影を打ち消す(カウンターシェーディング)生物が深海には多くいるんですが、身体が透明なら影ができないから発光器官いらねえじゃんと思ってたんですよ。まさか、わざわざ透けていないパーツの下にだけ発光器官が付いているとは。おそるべしユウレイイカ。

あと、マイミク阿智さんお勧めの、生物の卵ばかりをずらりと並べた『いろいろ たまご図鑑』は見つけられず。amazonさんにお願いしようか。
[PR]

by tech_k | 2006-01-28 20:18
2006年 01月 26日

文具以外食った日記

e0015461_22321941.jpg

本日の昼食
『醤油ラーメン+へためし』…¥930

今週のトライめし二回目。「不思議系とろりスープ」と噂に聞いていた中津のラーメン屋『弥七』に行ってきましたよ。
食券を買って待つことしばし、出てきたのはゴロゴロ焼豚の乗った無闇にボリュームのあるごはんと真っ白いラーメンです。ラーメンは白髪ネギがどっちゃりで白さ感アップ。イヤ別に白いと言うことを強調したいわけでもないですが。
あむあむ。鶏だけを徹底的に煮出して作ったというスープ(と能書きにあったけど、たぶん魚系のダシを足してる)が、噂通りのとろりとした食味。ほのかに甘くて、クリーミーという表現しかしようのないスープです。油もあって決してサッパリというワケではないんですが、驚くほどにまろやかなのでモタれません。これがまた、平打ちのむちむち太麺によく合いますよ。
で、「ずずず。むちむち。こくこく。むちゅるるる。ずずずずず」と夢中になってすすっている内に、フライパンで軽く焦がしたトロトロの厚切り焼豚やしゃきっとした歯応えのタマネギなんかも口の中になだれ込んできて、もうたまらん状態に。んまーい。うまいようまいよー。
焼豚の切り落とし(ヘタ)を使ったというわりには「角煮?」というぐらいのゴロゴロサイズがゴロゴロのってるへためしもコストパフォーマンス高いです。

スープもですが、とにかくむちむちの太麺が抜群だったので、次はつけ麺を試してみましょう。
ここしばらくトライめしの負けが込んでましたが、ようやく大当たりが出た感じです。
[PR]

by tech_k | 2006-01-26 23:09
2006年 01月 26日

文具本発売直前日記

e0015461_12322547.jpg
「切る作業がぞくぞくするほど楽しくなる」ハサミをご存知でしょうか。
「セロファンに代わる、時間が経ってもカピカピベタベタにならないテープ」をご存知でしょうか。
「歴史に残る名品」と呼べるカッターナイフが315円で買えることをご存知でしょうか。
「水中でも宇宙でもどこでも使える万能ボールペン」は210円で売ってますが、ご存知でしょうか。
「ポストイットで折るグライダー」の作り方はご存知でしょうか。

ま、正直文具フリーキーな方には当たり前で「何を当然のこと書いてんだ」と怒られるかもしれません。
しかし、この中の1行でも「ふむ?」とフックがかかったなら、あなたはこの本を読むべきです。
この本は、文具マニアじゃない人推奨・文具にこだわらない人ほど読むと面白い、前代未聞の文具カタログなのです。
中で紹介されているのは、だいたい1000円未満で、いまこの瞬間に大きめの文具屋に行くかアスクルのカタログを開けば即入手できる、珍しくもないモノばかり。しかしその実、100円のボールペン1本取っても、数ある同様商品の中から“TVチャンピオン文具通選手権3連覇チャンプ”文具王こと高畑氏が選び抜いた「コレ! コレのこの部分が他と違って便利なんだってば。いいからマジ便利だから。使ってみ使ってみ。絶対に違いが分かるから」的アイテムなのです。しかも懇切丁寧に「えーとね、これはこうして使うのがコツなの。すると今までとは180°違う使用感が味わえるんだってば」的使いこなしガイドまでついてます。
この本を読めば、明日から自分の机の上を一新したくなること間違いなし。
ちょっとした小銭の追加投資で『文具を変えるとどれほど作業効率に差が出るか』を体感していただきたいので、とにかくまずはコレ持って文具屋に半時間ほどこもっていただきたい。さぁレッツトライ。

ようし、じゃあ明日(1/27)はお近くの書店で「今日発売の高畑正幸さんの『究極の文房具カタログ 【マストアイテム編】』という本を一冊下さい。あと一緒に大好評超絶賛発売中のきだてたくさんの『イロブン 色物文具マニアックス』という本も下さい」と言うんだよ良い子のみんな。面倒くさい子はAmazonさんでも買えるよ!!


『究極の文房具カタログ【マストアイテム編】』<定価¥1500+税>
高畑正幸 著 ロコモーションパブリッシング刊
ISBN: 4862120342 
[PR]

by tech_k | 2006-01-26 14:39
2006年 01月 26日

文具以外ニク食った日記

e0015461_019087.jpg

本日の夕食
あの肉』(吉沢商店)

先日上京した際、嘘友達にしてマイミクけろぱさんから「東京土産に」と頂戴しました、あのニクこと『あの肉』(商品名)。重量じつに1kgのプリミティブな肉塊です。野蛮です。ケダモノです。原始です。バーバルです。ムカシ感あふれてます。けろぱさんありがとう。イタダキマス!

…で、とりあえず真空パックされていたのを開封して取り出してみたんですが、これ、どう調理すりゃいいんでしょうか。ググッた結果、とにかく「焼け」と。「焼いて食べるのに最適なスパイスを使っているので、茹でるより焼け」と。なるほど。では、とりあえずアルミホイルを敷いてコンベクションオーブンに放り込みましょう(写真1)。180℃で30〜40分ぐらい?

焼き上がりましたので、食卓に並べます(写真2)。表面に油が浮いて、ジュウジュウと食欲をそそる音を立ててます。ウヒョー! 気分も高まってきます。
今日の夕食はカリカリ油揚げのサラダ、小芋炊き、キャベツのみそ汁、肉。なんだその取り合わせ。

原始のココロで肉に直接かぶりついた写真も撮ってみたのですが、いささか見苦しかったので、一転、フォーマルスタイルに変更(写真3)。紳士淑女の肉でございますわよ。紳士淑女といえば、なんですか響鬼最終回のあの「悪のボスのさらにボス」は。

肉、断面図(写真4)。香ばしい焼き色がついて「あ、肉っぽい」と思ってたんですが、こうやって割ってみると、中はみっちりと詰まったソーセージなんですね。半分が黒ごま風味、半分が唐辛子のきいたチョリソ風味になっています。適当に切り分けて食べると…あむあむ、んまーい!! どちらもスパイシーでご飯が進む味付けです。少し塩気が強いので、レモンをしぼって食べるとサッパリしてさらに美味い。
しかし、モノが皮なしソーセージだと判ってはいても、見た目でなんとなく脳が「これは歯応えのガツンとした食い物だぞ」という予想を立ててしまうんですな。無意識に歯に力を入れて噛んでしまい、返ってきたフニュとしたソーセージの食感にかなり面食らいます。不思議食い物。

さすがに1kg肉は一気には食べきれませんでした。明日の朝は、薄くそぎ切りにしたヤツをフライパンであぶって、目玉焼きと一緒に『肉エッグ』ですよ。たのしみー!
[PR]

by tech_k | 2006-01-26 01:09
2006年 01月 24日

文具以外食った日記

本日の昼食
『ビーフカレーラーメン』…¥650

会社近くでたまに使っていた丼もの屋兼居酒屋が潰れて半年。今日通りかかったら、内装居抜きでカレーラーメン専門店としてオープンしてました。っつか先週末にオープンしたのは知ってまして、様子見に前を通ってのぞいてみたら席も空いてたし…という流れで、トライめしとして入ってみましたよ。

店主と思しき“金子信雄からアクを10リットルほどしぼってちょっと頼りなさを添加した風”禿頭オヤジがムッツリと鍋でカレースープを炊き、隣で“麺の茹で時間を測るタイマーをいまひとつ信用してないけど自分の感覚だって余り頼りにならない事を自覚してて弱ってるっぽい”兄ちゃんが麺を茹で、それをおばちゃん・若いお姉さんの二人組が運ぶ、という店内構成。
で、こういう書き方をすると、「ああ、兄ちゃん辺りに何か問題が」と受け取りがちですが、最大の問題はお運びの二人組が孕んでおりました。

『席は空いているのに、一人客を無理矢理カウンターの端の、しかも先客がいる隣に詰め込ませるおばちゃん』
『空いてると見えたカウンター席、実はお運びのお盆や伝票クリップボードが並んで占拠』
『4番テーブルに運べと言われたラーメン2つを前に、その4番がどこの席かを把握していないお姉さん(店内に机は4つ)』
『そして分からないままになぜかカウンターの一人客にそれを運ぶお姉さん』
『4番はカップルのお客さん。運ばれてきた残り一杯のラーメンを前に途方に暮れるカップル』
『全てを把握して気まずそうにしている、ラーメンの片割れを運ばれたカウンター客』
『「カレーラーメンとライス」という注文を普通に受けておきながら、いざ運んでくる段になってライスが来ないなと確認したら「すいませんライス切れちゃってるんです」と言うおばちゃん』
『トッピングの注文が覚えきれず、3度ほど繰り返し注文を聞き返すお姉さん』
『カレー汁をハネさせて慌てる客に「あ、紙エプロンありますよ」と今さら出してくるおばちゃん』
『そして全てを見ていながら何のエクスキューズもなくムッツリしつづけるニセ金子』
などなど、私が店内にいた15分ほどの間に展開された超接客の数々。実に、そこにいた客の2/3が何らかのムッとした気持ちを抱いてラーメンをすすっているという状態ですよ。ちなみにカウンターに詰め込まれたのとライス切れは私ですが。

カレーラーメン自体は特に悪いところのない出来でしたが、それより何より接客がすごすぎて、ここまでくるとむしろ萌えるっつの。おばちゃんともかく、お姉さんの方は見た目それなりにお好みと言えばお好みでした。ドジッ子専門店としての出直しを要求します。この接客が続くとすれば、半年後ぐらいには何にせよ出直さざるを得なくなっているはず。
[PR]

by tech_k | 2006-01-24 14:25
2006年 01月 23日

文具以外インド日記

昨日の上京日記から続きです。

色々な意味でダイナミックだった昨日から一転、雪も上がってすっきり晴天の中まったり始動。
11時、ましろさん・ハルヒさんと東京駅で合流し、ヨメと四人で吉祥寺へ。ヴィレッジヴァンガード・ダイナーで巨大な(高さ15cm超)ダブルダブルチーズバーガーと、トマト味のNYスタイルクラムチャウダーをガツンといただきました。あむあむンマーイ。体も温まったところでヴィレヴァンの書店の方、通りすがりのビーズ屋などを経由して、本日の目的地『Sublo』に。文具関係のメーリングリストでもご一緒してる美人店主・村上さんの小さな文具店です。かなりキてる品揃えにツアー参加者全員が棚に群がる群がる。私も無闇とキてる計算機やら色鉛筆セットを購入。この辺りはまたいずれイロブン更新でお目にかける予定ですよ。

夕方からはお二方にヨメを託して一人新宿へ。嘘関係の新年会インド料理爆食オフに参加です。本日は職質もなくスムーズに到着。
オフ開始前に次々と差し出されるお土産モノと『イロブン』本。本にはサインをしてお返しです。もうサインでも何でも持ってこいだ。うらー。皆様すてきなお土産の数々、ありがとうございました。『色物ペン各種』『色物メジャー』『AV女優の○○○を型取りして作った地獄マウス』『あの肉』などなど。『あの肉』に関しては後日、トライ記を書きます。
さてオフ本番。こちらは180分の間に次々と運ばれてくるインド料理を片づけ、おかわり自由とは名ばかり、過剰サーブによりもはやわんこと化したナン・カレー・サフランライスにネをあげつつも、飲み放題メニューのラッシー全種(プレーン・メロン・ストロベリー・バナナ・ブルーベリー・マンゴー)制覇を成し遂げ…最後のデザートのインドラムぶっかけメレンゲ焼きアイスケーキ(大きな枕サイズ×2個を17人で分割)で討ち死。どんなボリュームですかこれは。死ぬって。
二次会は新宿パセラでカラオケ…ですが、ほとんど歌わず馬鹿話。小象さんの牡蠣対策に盛り上がりました。死ぬな小象さん。がんばれ小象さん。
[PR]

by tech_k | 2006-01-23 22:10
2006年 01月 21日

文具以外きだてメンバー日記

イロブンオフなどして遊んで貰うために上京しておりました。
9:19新大阪発東京行き。雪のため7分の遅れでしたが、逆にまぁよく7分ぐらいで済んだもんだという雪。ドカドカと降ること降ること。まさかこの不吉に降りしきる雪が、後のあの惨劇を象徴していたとは、その時は誰も予想していなかったのです…(ヒント:シャレになってません)

原宿・恵比寿・池袋とイロブン探索雪中行軍は実入りも多くホクホクと無事終了。イロブンオフが池袋で19時から、ということで18:30ごろ池袋北口辺りを雪をかき分けウロウロしていた時。
警察官「あーすいませんちょっといいですか」
きだて「は?」
警「いえ、いま池袋は少し治安が悪くなってましてね。ちょっとお話よろしいですか」
職務質問キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
いやまぁこちらは探られて痛い腹も無いので、素直に応じて鞄を開け、中身を見せて
警「…これはなんですか?」
き「文具です」
警「……じゃあこれはなんですか?」
き「文具です」
というような定番コントを展開する余裕もあったんですが、コートのポケットからキーホルダー代わりにここ10年使い続けているクボタンが出てきた時から急に妙な雲行きに。いま池袋では“この手の護身具を持ってるだけでしょっ引くぞ運動”が展開されているらしく、その足で池袋交番へ連行と相成りました。マジすか。
交番に連れて行かれた時点でもうオフの開始時間ギリギリ。そこから30分ほど「年に一度会えるかどうかの友人との約束が」「うるせえ官憲なめんな(大意)」みたいなやり取りがありまして、なんとか「ひとまず3時間ほど解放してもらい、イロブンオフしてきた後で交番に戻ってくる」という話に落ち着きました。フー。

なにはともあれ19:30には海峡に到着。いらしてくださった皆さんに遅刻をわび、遅刻の理由で一受けいただく。イロブン担当編集竹村氏が「あー、ご連絡いただければ、交番まで本を持って『センセイ! 何かございましたか!?』と駆け込みましたのに」と。あ、そのコントは見たかったかも。
あとは海峡名物巨大唐揚げを「娑婆でさいごのメシだ」とばかりに千切っては投げ千切っては投げ。ガツガツむしむしガブガブごふごふ。お土産のいただきものあり、イロブン本へのサインありでテンション上がりまくり。もうサインに躊躇しないぞ。なんでもモッテコーイ。途中、モリゾオさんへのサインで日付を「2006.01.06」と間違って入れてしまったのは、そのちょっと前に交番で自分の生年月日を何通もの書類に書かされた勢いが残っていたからです。モリゾオさんごめんなさい。
毎度お馴染みどこへ飛ぶのか分からないイロブンオフの話題ですが、今回はサカモトの井上さん・松原さんと高畑文具王が中心となっての文具業界哀話あり、特撮プロップ話あり、イロブン出版裏話ありと非常に盛り上がりました。いや本当にありがとうございました。また次回、よろしくお願いします。
あと、古今東西製品情報のせきざわさん、娘さんがインフルエンザ発症(お大事に!!)の他故さんご一家、今回はお会いできず残念でした。次こそぜひぜひ。

22:40ごろオフ会〆。皆さんにお礼を言ってから交番に出頭し、その足で池袋署にパトカーで連行。その後、取調室で軽犯罪法違反の調書(へぇ、こうやって書くのか)、写真(色々な方向かから撮る例のアレ)、指紋押捺(巨大な専用スキャナーで撮るのね)などでたっぷり犯罪者気分を堪能し、、パトカーでホテルまで送ってもらったのが26時。オットが連絡もなくホテルにも戻ってこないことでさすがに不安を感じていたヨメに身元引き受け書類へサインをしてもらい、これでひとまず終了。
あとは来月に大阪の検察へ出頭して「すんませんでした」と言えとのこと。ハイ、スイマセンデシタ。

…プラスチックの棒一本持ってただけなんだけどなぁ。
[PR]

by tech_k | 2006-01-21 23:00
2006年 01月 17日

文具以外命中日記

牡蠣にヤラレタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
昨日の朝からヨメが「ぎぼぢわ゛る゛う゛い゛」とけろけろ吐いて熱出して寝込んだのを「ああー、風邪だなぁ」と片づけておかゆ食べさせて風邪薬を飲ませてたんですが、半日たって日付が変わった頃(日記の牡蠣関係のレスを返した直後)に自分も急に猛烈な吐き気におそわれました。けろけろー。
特技というほどのものではないんですが、ワタクシ、嘔吐をコントロールできるのです。とくに嘔吐感が無くても「せーの」で吐けますし、逆に吐きたい時でも「いったんこれぐらいで止めておいて、一旦口をゆすいでからもう一度吐こう」とかできるのです。が、今回はそんなワザを見せる余裕もなく、胃の底からウボァー!!と噴出するままに吐き続け。つらいー。一晩で5回吐きまして、すっかりヘトヘトです。
で、これはもしや…と思って、一緒に牡蠣を食べたマイミク友人の日記を確認したら、やっぱり昨日から同じような症状に襲われているよう。ひえええ、これは申し訳ないです。ごめんなさいごめんなさい。

ノロウイルスの潜伏期間が24〜48時間ということで、ドンピシャ時間通りに来てますね。けろけろー。
ノロウイルス関連の情報サイトには「牡蠣の生食・過食は避けましょう」とありました。5人で130個はもしかして過食でしたか。生は10個も食べてないんですが。

現状は、ヨメ・私とも小康状態。おそらく明日には治るはずです。
[PR]

by tech_k | 2006-01-17 22:29