文具以外買った日記

iroblog.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2006年 05月 31日

文具以外買った日記




e0015461_21511596.jpg本日のお買い物
『頑張る日本の文房具-ジャパニーズ定番ステーショナリーの実力-』…¥1680

ロコモーションパブリッシングの知・静・遊・具シリーズ最新刊。ちなみに『イロブン』はこのシリーズに入ってません。遊具の方には自信があったんですが、知でも静でもないし。
タイトル通り、まさに日本の文具メーカーの地力がどれぐらいスゴいものなのか…をとりあげた一冊。いつも使っているあの定番文具が実はどれほどの性能を秘めているのか、どこまでの技術が詰まったものなのか、どれだけユーザーの事を考えて作られたものなのか、これを読めば分かります。国内23メーカーそれぞれに直接工場見学させてもらい、色々なモノを見せてもらったかのような気分と理解度。
日常ツールとしての文具を語る上で、今後外す事の出来ない一冊ですよ。とりあえず読んでおいて損は絶対にしない、メイドインジャパンの本。
[PR]

by tech_k | 2006-05-31 22:25
2006年 05月 29日

文具以外買った日記



e0015461_2303543.jpg本日のお買い物
『ザ・ダム』…¥3990

ダムマニアのためのダム情報サイト『ダムサイト』管理人萩原さん監修による、日本初のダム映像DVD。巨大構造物好きとしてそんな素敵DVDは外せないよネ、と先月から予約してワクワクで待っていたものが、東京に行ってる間に届いてました。ヤホー。
パッケージには「これが噂の“ダムめぐり”!」「山陰から突如現れる巨大建造物!」などの勢い系惹句が踊っており、中を見る前からテンションも上がろうって話ですよ。…あれ? なんか「奇天烈系実録バラエティ遂に完成!」「完全自主制作! “ダム愛”で突っ走れ!」「ガレージサウンド炸裂! ダムはロックだ!」なんてのまでありますが、これは、なに?
軽く不安を覚えつつパッケージを開けると、内側に監修の萩原さんによる前書きが。タイトルが『こんなはずじゃなかった』。…あれ? 「プロのカメラマンにお願いして、業務用の機材でダムの美しいシルエットを捉える。スペックや解説の原稿を僕が作り、ナレーションを入れてもらおうダムの映像に合う音楽はどんなのかな。妄想は果てしなく広がっていった。それから実際に発売となるまでの1年間、僕が胸の奥に抱き続けた思いはひとつ、こんなはずじゃなかった」
「予算がないという理由で、撮影は1泊2日」「結果的に最悪の2日間だった」「僕のあまりのテンションの低さ、スタッフのダムに対する認知不足などもあって、そのまま発売するのは勘弁してくれと僕が泣き言を言ったのだ」。…あれ?
さらにモリモリと高まる不安感をなだめつつも、DVDをプレーヤーに投入。わーはじまったー…わー…あー…ああ…なんかすげぇ揺れてますね、映像。めまい誘発性高速パンの連続と、頻繁に狂うピント。肝心のダムが目前にあるというのに、なぜかカメラは萩原さんだけを執拗に追い続けてます。そしてようやく映ったダムは、なぜか当日撮ったものではないと思しきスチル。そこにかぶさるヘニョヘニョな音楽。ああ…たしかにこれは…すっごい駄目です。
どうも企画・撮影・編集・音楽・監督を一人でこなしている石川(発売元アルバトロスの社員?)という人が完全に駄目な人のようです。そらまぁ一人で全部やってしまうのが無理といえば無理なんでしょうが。予算がないから、監修以外の作業は全部社内の企画担当者にやらせちまえという無茶な発想で作られたようです。
…そんなもん売るなよう。

一番面白かったのが、ダムめぐり撮影ツアーの最後、日没後に訪れた『小森ダム』。まともな光源を用意してなかったようで、ビデオ中にはいっさいダムが映りません。暗闇の向こうを指して必死に解説をする萩原さんと、そこに別撮りスチルのダム画像がインサートされるのみ。ここまでくると、いっそシュール。
[PR]

by tech_k | 2006-05-29 23:49
2006年 05月 28日

文具以外食ったり文具売ってもらったり日記

東京二日目。というかアンサー編収録本番日。
「13時から品川インターシティで」という約束だったので、それまでの時間を有効に使うべく、ホテルチェックアウト後に品川のラーメン・丼複合施設『品達』でラーメン。最近テレビやらでもよく見る有名店で「うまいぜベイベー」の看板でもお馴染み『なんつッ亭』にトライです。いや、オープン前からこの店だけ大行列だったし。
なんつッ亭『ラーメン』…¥680
ずるずる。…うう、だぷだぷのマー油が焦げ臭くて胸が悪いです。香ばしいとかいうレベルではなくて、単に焦げすぎたニンニクの味がキツいだけ。豚骨スープに混ぜてとかせばマシかとも思ったんですが、とにかくいつまでたっても焦げ臭いのと過剰なニンニク風味が細麺にこびりついて辛かったです。正直、「うまくないぜベイベー」。すくなくとも私の舌には無理な味。

その後の収録は、まぁ個人的に不味い昼飯直後のモラル上げには苦労しましたが、非常にスムーズに進みまして(放映をお楽しみに)、例のアレを売っていただいたりあざとい本のプロモーションもしたりで、最後は六本木まで移動して撮影終了。
「えー、じゃあきだてさんお疲れ様でした。東京駅までお送りしますね」
「いやあの、すいません、お手数おかけしますが品川までお願いできませんか」
「え、なんでまた」
「…うっせえ品達リベンジすんだよチキショウ美味い麺食うまで帰らんからなボケェ」
ボケはお前ですよきだてくん。奥さんに『ごめん、引くに引けない理由が出来たから、晩ご飯はうちで食べるって言ってたけど、こっちで食べて帰ります』とかメールまで打って。かっこわりいの。

e0015461_23481440.jpg

せたが屋『せたが屋ひらつけめん』…¥1050
中途半端な時間(夕方5時過ぎ)にもかかわらず未だ大行列のなんつッ亭を尻目に、つけ麺が美味そうだったせたが屋さんに並ばずスムースイン。
ずるずる。…うう、リベンジ成功です。魚介系のダシがズンときて唐辛子がピリときて酸味もスッときて美味いです。好みのぷるぷるもちもち麺に具のアオサのりが絡んできて、これまた良い感じ。確かにつけ麺に1000円は高いような気もせんでもないですが、この際昼からの鬱屈が晴らせりゃそれでOKです。仕上げのスープ割りに、せたが屋オリジナルの魚介ダシ煮詰め醤油ことガツン汁をプラスしてうまうま。これで満足して大阪に帰れます。


さぁ、7月はまたISOTと生イロブン東京で上京ですよ。そろそろ生イロブンの告知もせな。
[PR]

by tech_k | 2006-05-28 23:24
2006年 05月 27日

文具買ったり上京日記

日曜に『なんでも鑑定団』アンサー編収録ということで、ちょっとディレクターさんに無理を言いまして前乗りさせてもらいました。ありがたやありがたや。
ということで昼遅オソに品川着。ホテルにチェックインしてから、ぶらり文具屋巡りの旅に突入です。そういや上京するたびに馬鹿雑貨の店や大きな玩具屋ばかり回っていて、ちゃんと文具屋さんを回るのは非常に久しぶりのような。
銀座・伊東屋→銀座・五十音→本郷・スコス→原宿・フライハイトという巡回ルートをとったんですが、そういや伊東屋以外は始めていくお店ばかりです。雑誌やなにやでかなり積極的に取り上げられている有名店ばかりなんですが。うわぁ文具の本まで出した人間として非常に怠慢。どのお店もかなり楽しくて、かなり色々と買い込んでしまいました。ほくほく。
五十音さん、スコスさんではそれぞれご挨拶させていただきました。へいお世話になりました。

夜は、嘘関連の皆様に急遽集まって頂いて、新宿の唐沢議長御用達・あこがれの焼肉屋『幸永』で極ホルモンに馬タンなど食うオフ。ああしあわせ。
オフ中、光デパートさんから『信濃町で買ってきた真の三色ボールペン』『信濃町で(以下略)真の三色蛍光マーカー』『信(以下略)真の三色テープ』など頂戴しました。光さんありがとうございます。…これをイロブン大全で取り上げた直後に私が消えたら、「ああ、きだては立派な仏敵になったのだな」と思って下さい。
[PR]

by tech_k | 2006-05-27 23:23
2006年 05月 24日

文具以外買った日記

e0015461_22102212.jpg
この一週間で購入した本
『モンキーパトロール 7』有間しのぶ…¥700
『D-LIVE!! 14』皆川亮二…¥530
『もやしもん 3 特装版』石川雅之…¥560
『仮面ライダーSPIRITS 9』村枝賢一…¥580
『ココロミくん』べつやくれい…¥1050
『宇宙の果てまで—すばる大望遠鏡プロジェクト20年の軌跡』小平桂一…¥819
『単位171の新知識 読んでわかる単位のしくみ』星田直彦…¥987
『フィギュア王 100号記念号』…¥1600

フィギュア王は、リボルテックのプロモーションアイテムとして零号機クリア版が付録につくとのことで、「リボルバージョイントはどんなんか触ってみたいけど、今のところラインナップに欲しいのが無いんだよなあ」と思っていたところにぴったりフィットしたので購入。
…うーんリボルバージョイントすごい。関節がコキコキと気持ちいいクリック感で動いてピタリと止まる。これはたしかにエポックです。クリアなので山口式の可動軸もはっきり見えて楽しいし、関節の動きを確認しながらガシガシとポーズを付けて遊ぶにはうってつけ。
うん、リボルテックいいな。7月に出るキングゲイナーは買おう。


※イロブン掲示板にも書きましたが、7月の生イロブン東京二次会に使える、新宿近辺で個室または座敷が使えて変なメニューのあるお店、どなたかご存じないでしょうか。「ここオススメ」という情報お持ちの方、おられましたらヨロシクお願いします。
[PR]

by tech_k | 2006-05-24 22:51
2006年 05月 23日

文具以外食った日記

e0015461_12531793.jpg

本日の昼食
天下一品『つけ麺大盛り』…¥740(ランチ割)

mixiの天下一品コミュで「天一のつけめんを発見」というトピックが立ち、さらにそのつけ麺を出しているのが、行き付けの東梅田店の次に最寄りの北新地店との情報が。北新地店は新地値段(系列店である東梅田よりどのメニューも100円ほど高い)こともあり、今まで殆ど近寄ることもありませんでした。が、そんなオリジナルメニューを出しているなら、そら行かねば。
店頭のメニューにはつけ麺の表記がなかったので、いちおう店に入る時に「つけ麺てやってます?」「へい、やってま」と確認だけとってから席に着きオーダー。

ずるずる。…これ、麺・具・スープどれも通常のラーメンのを別盛りにしただけですか? スープは若干濃度は付けてあるものの、普通の天一こってりスープ。チャーシューもメンマも、ネギまで全く工夫レスで冷やした麺にのせてあるだけ。ううむ。これでは、すすって口に入った時点で“ちょっと冷めた天一こってりラーメン”にしかならないのではないのか。天一は、粘度のあるスープで維持される高温も味のうちです。これは納得いかねぇ。
[PR]

by tech_k | 2006-05-23 13:14
2006年 05月 22日

文具以外食った日記

e0015461_13371848.jpg

本日の昼食
首里そば『ソーキそば/いなり定食』…¥780

天七に昨年末にオープンしていたらしい“沖縄そば専門店”。よくある沖縄料理屋ではなく、すば専門という辺りが心意気です。
マイミクしーもすさんの沖縄旅行記にジェラシーを燃やしつつ、ずるずばとタグってまいりました。…かなりスープがあっさり。個人的に沖縄そばのスープは、すすった瞬間に「オウ! カッツオー!」と叫ぶほどにカツオダシがガツンと前面に出ているのが好みですが、ここのはかなりアッサリ。まぁこれはこれで…といった感じで不満はないですけども。麺は沖縄そば独特の例の太ちぢれ麺(たぶん袋のゆで麺)で、モチモチ麺好きにはたまらん食感です。ソーキは箸で摘むと肉の繊維がほろほろとほどけるほどの煮込み具合で、これもまたたまらん旨さ。
ただ、カウンターの上に置いてあったコーレグースを相当な量ドボドボとスープに入れたのに、全く効かなかったのは何故だったのかしら。辛味も香りも無し。???

次に行くときは、メニューの写真にちょっと驚かされた野菜そばに挑戦しましょう。
e0015461_1431462.jpg

…なんだこれ。
[PR]

by tech_k | 2006-05-22 14:05
2006年 05月 21日

文具以外買った日記

e0015461_2073989.jpg

本日のお買い物
『Dinosaurs』Robert Sabuda…¥3990

大学時代の後輩の出産祝いということで、お子さんの今後の情操教育のために絵本を贈る事にしました。情操教育といえば飛び出す絵本。となれば、ここはやはり飛び出す絵本界のキチガイ王ことロバート・サブダの本ですよ。
生まれたのは女の子ということで、店頭に並んでいた『Alice's Adventures in Wonderland』『Sharks』『Dinosaurs』から三択で、「周囲からも骨まで愛される子になりますように」「年齢を算出するのに炭素年代測定されるような子になりますように」と願いを込めて『Dinosaurs』をチョイス。

しかしいつ見てもマジカルだなぁ、サブやんの本。「こんなことを考えるヤツの頭の中身が見たいぜ」とは思うんですが、この人は頭蓋骨を開くと中から折りたたまれた脳みそがぶわぁっと飛び出してきそうです。
[PR]

by tech_k | 2006-05-21 20:53
2006年 05月 20日

文具以外返品日記

17日の日記で取り上げた『Rain-Glo LEDライトアップ傘 ブラック UERGAD-BK』、結局誘惑に負けてamazonで注文してしまいました。で、本日夕方に到着、「おおー、光る光る。ははは、これはうっとうしい」と楽しく遊んでおったのですが。

e0015461_2305959.jpg

鉤裂きがあっては傘の役には立たんではないですか orz

とりあえず返金ということで処理してもらいます。
集荷頼むのめんどくさいなぁ。
[PR]

by tech_k | 2006-05-20 23:13
2006年 05月 18日

文具以外食った日記

e0015461_13594434.jpg


本日の昼食
弥七『韓流つけ麺 梅雨のどなた? 大盛/ニイさま』…¥920

出るぞ出るぞと一部で噂されていた、らーめん弥七の超らーめんナビ限定メニュー(15食/日)。
商品名に関してはこの際目を瞑ります。注文時の辛さ指定が「イチさま(ちょい辛)」から「ヨンさま(激辛)」の4段階ということにも目を瞑ります。食券を出しながら「えへへ、ニイさまで」と照れ笑いしながら注文しましたが、待ってる間は「っつか、もし俺が激辛好みだったら衆人環視のもと「えへへ、ヨンさまで」とか言わされてたんかオイ。これでまずかったらその変なキラキラしたツノ抜くぞ店主」と金髪ソフトモヒカンの店主に念波を送り続けておりました。しかしそれも許します。なぜならベラボウに美味かったから。
いやあ、これは美味い。乳製品のような弥七スープとコチジャン・ヤンニンジャン・自家製ラー油があわさると、“まろやかクリーミー辛”という、余所では味わったことのない風味になります。辛味がピリピリと来ている間に乳化した鳥油スープがとろーんと広がって、さらに味噌系の風味とすり胡麻っぽいコク(芝麻醤も使ってる?)が。美味い美味いで箸が止まることなくあっと言う間に完食。とどめのスープ割り(つけ汁に追いスープ)も一気飲み。ごちそうさまでした。
噂では「ヨンさまは麺にもオリジナルラー油がまぶしてあって真っ赤っか。これがまた激ウマ」とのこと。そうか…「えへへ、ヨンさまお願いしまーす」と言わねばならんのか…。くっ。

※この限定つけ麺を食べるためには、携帯有料サイト『超らーめんナビ』に入会して、限定ラーメンチケット画面を店内でノーマルつけ麺の食券と一緒に提示しなくてはなりません。ま、いちど入会してチケット画面だけ画面メモで保存してしまえば、あとは退会しちゃっても問題なしでしょう。
[PR]

by tech_k | 2006-05-18 14:40