<   2008年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2008年 03月 30日

文具以外春オタ日記

ここしばらく、食欲とオタク欲にからむ日記を書いていなかったような気がするので、久々に。

・春アニメ「どれを切る?」
とりあえず季節代わりの放送開始シーズンは、すこしでも事前情報でフックのあったものは第一話録画→視聴→次も視るorダイというやり方で番組を絞っているんですが、それにしても今期はちょっと多いな。しかも「ううむこれは見逃せない」という大興奮含みではなく、「あー、なんとなく押さえておくか」レベルのゆるチェックがほとんど。

4/3(木)スタート
アリソンとリリア』(NHK-BS2)
4/4(金)
マクロスF』(TBS)
ドルアーガの塔』(tvk)
4/5(土)
ブラスレイター』(tvk)
4/6(日)
隠の王-NABARI-』(テレビ東京)
我が家のお稲荷さま。』(テレ玉)
コードギアス 反逆のルルーシュR2』(TBS)
4/7(月)
ソウルイーター
4/8(火)
RD 潜脳調査室』(日本テレビ)
4/10(木)
図書館戦争』(フジテレビ)
4/11(金)
ゴルゴ13』(テレビ東京)
4/12(土)
二十面相の娘』(フジテレビ)
狂乱家族日記』(tvk)

地雷予想はマクロスFとブラスレイターとドルアーガ。期待株は二十面相の娘と狂乱家族日記。あと比較的ハズレの少ないノイタミナ枠の図書館戦争とBS2のアリソンリリアが安心して観られそう。…ゴルゴ13は外せないな。


第一回マンガ大賞
>>面白いマンガを周りのひとに宣伝したいマンガ読みが、
>>周りにマンガ読みのいない人にも、
>>「このマンガはこんなに面白いよ!」と伝えるために、
>>企画しました。」
という意図で、漫画家・編集者・ブックデザイナなど本の売れ行きで利害のでる人間を外した選考委員会によってマンガ大賞が決定。選考委員は自腹で一次審査ノミネート作品(168作品)購入して投票したとか。理想は高くて良いですが、なかなか大変そうです。

◎マンガ大賞2008
大賞 「岳」 石塚真一 68ポイント
2位 「よつばと!」 あずまきよひこ 49ポイント
3位 「海街 diary1 蝉時雨のやむ頃」 吉田秋生 43ポイント
3位 「フラワー・オブ・ライフ」 よしながふみ 43ポイント
5位 「君に届け」 椎名軽穂 42ポイント
6位 「大奥」 よしながふみ 40ポイント
7位 「皇国の守護者」 原作:佐藤大輔、作画:伊藤悠 35ポイント
8位 「とめはねっ! 鈴里高校書道部」 河合克敏 27ポイント
9位 「もやしもん」 石川雅之 26ポイント
10位 「夏目友人帳」 緑川ゆき 23ポイント
11位 「ひまわりっ -健一レジェンド-」 東村アキコ 20ポイント
12位 「きのう何食べた?」 よしながふみ 19ポイント

…で、公式サイトには大賞の発表はあったんですが、2位以下の順位は見つけられませんでした(上記の順位はnarinari.comより転載)。公式サイトのメインがブログというのは、情報アクセス悪すぎなのでやめて欲しいところ。
最終選考ノミネート12作品のうち読んでいるのは「よつばと」「とめはねっ!」「もやしもん」「きのう何食べた」の4作品。…ひらがなばかりだなあ。友人から「岳」と「夏目友人帳」は勧められていたので、これを機に漢字タイトルのも読もう。
[PR]

by tech_k | 2008-03-30 19:03
2008年 03月 28日

文具2チラシの表日記

e0015461_020371.jpg

駄目な文房具ナイト2』のフライヤー、できました。
今週末以降、都内の文具店・雑貨店に置かせてもらいに回ります。「ウチには来るんじゃねえかな」と心当たりのある店主スタッフの皆様、快く置いてやってください。
あと、「うちでも置いてあげるよ」と言ってくださるお店の方、ご連絡いただけましたらフライヤー持参でお伺いしますので、よろしくお願いします。

今回は春っぽ系。今回の出演は他故さんちの坊ちゃん(赤子)嬢ちゃん(新中学生)です。モデルおつかれさまでした。
[PR]

by tech_k | 2008-03-28 00:32
2008年 03月 27日

文具おもちゃ文具コレクター日記

先日取材を受けたシティボーイズのおやっさんでも牧野博士でもない人の文化放送の番組、実はオンエアが今日だったのです。
で、まぁなんとなくロクな事にはなってないだろうという確信に近い予感を元にいちおう録音だけはしておいたのですが。

・とりあえずボールペンコレクターでは無かった。
・最初から最後までおもちゃ文具コレクターと呼ばれていた。
・最初から最後まで「イロブン」というサイト名/著書名はまったく電波に乗らなかった。
・これじゃ本の宣伝にもなんにもなりゃしねえ。
・電話取材だけで数時間取られたんですが、久々に「ああ時間の無駄だった」と心から思いました。

とりあえず今後は本やイベントの宣伝にならない取材は受けないぞ。たぶん。
素人はタダで番組に協力するのが当たり前だと考えてるなら、大間違いだ。
[PR]

by tech_k | 2008-03-27 01:11
2008年 03月 26日

文具サイトできたとさ日記

本日の文具サイト
ボールペンと鉛筆の店 五十音

かねてドメインだけは取得されていたgojuon.comがついに可動ですよ。
…うむ、無駄に情報が少ない。「絞った」とか「厳選した」ではなく、ただ「無駄に情報が少ない」としか言い様がない。この贅沢な“無さ”加減が五十音という店のイメージ通りで、とても良い。これは素敵だと思う。あと、更新が面倒くさいと思う。それも贅沢だ。
[PR]

by tech_k | 2008-03-26 00:20
2008年 03月 22日

文具あさししんぶん日記

《ひみつじょうほう》
明日(3/23)の朝日新聞生活面(全国)に、ちょっぴりイロブンの人が載るらしいぞ!
イロブン、京都の文具フリークの人(…どなただろう?)、銀座五十音を紹介することで趣味としての文房具の昨今を読み解く、みたいな方向の記事らしいんですが、そこにイロブンは大きく蛇足というか読み解けなくなる可能性が高くなったりしないだろうか。

で、いちおう新聞見てきてくださった方用に『駄目な文房具ナイト2』の告知。
きだて所蔵のイロモノ文具をライブ解説つきで観てバカにして鼻で笑って楽しもう!というイベントです。チケットは全国のローソン・ロッピー端末で発売中!(ありがたいことに、けっこうな勢いで売れているようです)

e0015461_23293589.jpg

2008年5月17日(土)
「駄目な文房具ナイト2」in東京カルチャーカルチャー
(Lコード:33566)
http://tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc_schedule/catalog_080312185972_1.htm

前回東京カルチャーカルチャーをソールドアウトにした、あの“史上最駄目の文房具イベント”が、味をしめたか早々とリターンズ!!
『ラジコントレーラーつきボールペン』『全長3センチの極小ハサミ』…使いやすい・便利であるのが前提なはずの文房具が、なんでこんなに駄目なのか!? 使うと頭がどんどん悪くなりそうな文房具の数々を写真と現物で大量に紹介するナイト第二弾。
色物文具コレクターきだてたくの膨大な駄目ステーショナリーコレクションに対して、TVチャンピオン“文具通選手権”3連覇の文具王・高畑正幸と、文具メーカー勤務の文具マニア他故壁氏がまたしてもツッコミいれまくり!

【出演】きだてたく(色物文具コレクター)、高畑正幸(文具王)、他故壁氏

日時:5/17(土)
開場18時 開演19時 終了21時終了予定
場所:お台場・東京カルチャーカルチャー(ゼップ東京二階、観覧車右横)
前売券:1,500円 (飲食別) 当日券:未定
※前売券はローソンチケット3/19より発売開始です(Lコード33566)

東京カルチャーカルチャーは飲んだり食べたりしながら気楽にイベントを楽しめる飲食スタイルのイベントハウスで全席自由席です。入場は前売券の整理番号順となります。飲食代は別途必要となります(ドリンク\500〜)
東京カルチャーカルチャー:http://tcc.nifty.com/
お問い合わせ:tcc@list.nifty.co.jp
地図:http://tcc.nifty.com/accessmap
[PR]

by tech_k | 2008-03-22 23:32
2008年 03月 20日

文具以外連載日記

本日発売の富士見書房『ドラゴンマガジン 5月号』より、BUNGU-JAMトリオが毎回駄目な文房具を紹介し味わい尽くす鼎談1ページコラム『駄文具うぉ〜か〜』連載開始です。タイトルに関しては何も言うな。言うな。ドラマガが今号から隔月刊になってリニューアルしたので、それに合わせて紛れ込ませてもらいました。
中高生向けラノベ雑誌にイロモノ駄文具、という取り合わせがちょっと面白い。中高生という文房具に触れる時間の長い世代に向けて文具のオモシロを語れる連載にしよう、ということで三人わりとはりきっております。具体的に言うと私と文具王は好きなことを喋り散らしているだけで、執筆担当の他故さんがいちばんワリ喰ってるんですけど。これでギャラは等分。笑いが止まりませんウハー。
ということで先月から三人で集まって「駄目な文房具鼎談」の収録とかしてるんですが、これがまた最高に面白い。1000文字程の記事のために3時間ほど喋り倒してるんですが、当然、、ディープめの話や文具好きでないと分かりづらい部分なんかは記事文中ではバッサリバサバサとカットしてます。しかし、自分で言うのもなんですが、このカットされた部分の濃厚なこと面白いこと。本気で勿体ないので、これはいつか完全版として世に出します。

で、この三人がライブで語る『駄目な文房具ナイト2』、チケット絶賛発売中です!
絶対に損はさせない、そして絶対にタメにならない夢の一夜をあなたに。
前回はチケット売り切れでご迷惑をおかけしましたが、今回も会場の席数は変わりません。ぜひ売り切れ前にお買い求め下さい(アオリ)。
[PR]

by tech_k | 2008-03-20 01:11
2008年 03月 17日

文具以外買った日記

e0015461_027041.jpg

本日のお買い物
怪獣図解入門―平成新装刊』…¥ 1155

とある特撮系の掲示板をひょいと覗いていたら「復刻されてるのに意外と話題にならねえなあ」的な書き込みがあるのを発見し、あわてて執事のアマスチャンに「ええい早う届けさせい。なんのためのプライムじゃ早うはよう」と言いつけ届けさせたもの。今回はちゃんと24時間以内に届いた。
っつか、個人的には自分の本名住所が多少漏れようが(それ以前に有名人の名前でもないもんをいちいち調べるか)もうアマゾン無しの生活など考えられようもなく、これからもプライム分の元をとるべくしょうもない少額本をガンガンと取り寄せる所存です。

それにしても怪獣図解入門。それにしても大伴昌司。綴じがほどけてバラバラになるまで読んだ本です。
「ジャミラ腕:力はインド象の5千倍!」 強そうだ!
「グロンケンのこぎり手:奈良の大仏を50秒でまっぷたつにする」 鋭いぞ!
「ムルチ胃:クジラ500頭分のエネルギーをためる」 なんかよく分からんけどパワフルだ!
「ゴモラ腕:ビルをたたきわる力はジャイアント馬場の20万倍」 …たぶん強い。と思う。
それにしても大伴昌司のすごいところは、「怪獣ぐらいに超越した存在だったら、たとえば骨一つをとってもいわゆる生物学的な骨の形をしてなくて当然」とばかりに、板バネ状骨や油圧シリンダ型骨、コイルバネ骨などという無茶かつワクワクする構造をどんどん盛り込んでいるところ。この適度な“無茶感”と、程良い「ああなるほどこの構造だからあのパワーが出るのか」というコドモ科学心の充足感。この混合からなるセンスオブワンダーが僕らを怪獣のトリコにしたのだなぁ。
[PR]

by tech_k | 2008-03-17 00:25
2008年 03月 16日

文具ドラマチック取材日記

ま、アレだ。とある在京AMラジオ局で、シティーボーイズの誰とは言わないがちゅうかなぱいぱいや仮面ライダークウガに出ていない人がやってる番組があると思いねえ。で、そこでコダワリのある人、今回は特に文房具関係の人を紹介するコーナーがあるとしねえ。で、ちょっとした話の流れでイロブンの人に「ま、ひとまずお話でも聞かせてくださいよ」とお鉢が回ってきたとするよ。
番組の放送作家という若い男性からメールで「一時間ほどお時間いただけるなら、電話で取材させて下さい。ことによったらラジオで紹介させてもらいますので」と頂戴したので、「ああ、イイすよ」と軽く承諾して、電話ごしにイロブンのことやら今後の展開やらをお話しさせてもらったのが一週間前の土曜日。あちらさんもイロブン話にいろいろとウケたり笑ったりしてくれていたので、それなりにイイ気分でおったとしねえ。。
で、今日、再び放送作家の彼から電話がかかってきて「二、三ほど改めておたずねしたいことがありまして」と言うもんだから、こっちも、ああボクの話で判りづらいところとかあったかな、思いつつ「あ、どうぞどうぞ」と受けまして。

「ええと、あのあと上の者と打ち合わせをしましたところ、『集めてるのが文房具全般じゃ分かりづらいなぁ。イロブンとやらの中ではボールペンが比較的多いと取材で言うていたらしいから、じゃあボールペン収集家ということにはならんか』と言われまして…どうでしょうか?」
「…どうでしょうかと言われてもですね。文具全般では分からないて、その上の人というのはアホの人ですか?」
「ははは、いやまあその」
「そちらがボクのことをどのように捉えて解釈するのかは自由ですから、そら好きにしてもろたらエエんですけど、いちおうボールペンじゃなく“色物文具”のコレクターですんで、ねぇ」
「あ、やっぱりそうですよね。いやボクもボールペンじゃなくて“イロブン”でいいじゃないかと言うたんですよ。わかりましたその件に関してはボクから上司にがんがん押しておきますから大丈夫です」
「…(そこまで押さないとボールペンコレクターになっちゃうのか)」

「あと、きだてさんが色物文具に拘りだしたきっかけとして、小学校時代のお話をいただいたじゃないですか」
「ああ、『学校に持ち込めるオモチャとして玩具文具にこだわって、クラスの人気者の座を狙ってた』という話ですね」
「ええとですね、ラジオやテレビって話を大袈裟にするというか、きだてさんを面白く紹介するためにちょっとドラマチックな感じが欲しいんですけど…例えばですよ? きだてさんがいじめられっ子で、でも文具のおかげでイジメが止んだとか、そんな話って無いですかね?」
「…無いですねぇ」
「あー、そうですかー、無い…ですよねえ」
「無いですねえ」


ま、こんな取材があったとかなかったとか。よしんばあったとしても、テレビやラジオやブログのやることですから、多少は大袈裟にドラマチックに演出してますよ?
っつか、イロブンの人よりも、イロブンそのものの方が絶対面白いので、どちらかというとそっちを面白おかしく紹介してやってくれないかなぁ。そっちのが本も売れるだろうし。
[PR]

by tech_k | 2008-03-16 02:37
2008年 03月 13日

文具イベント2告知日記

あの“お台場で一番駄目な夜”が帰ってきた!
もっかいやるぜイエー!
チケット発売日は3/19(水)だぜイエー!

2008年5月17日(土)
「駄目な文房具ナイト2」in東京カルチャーカルチャー
(Lコード:33566)
http://tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc_schedule/catalog_080312185972_1.htm

前回東京カルチャーカルチャーをソールドアウトにした、あの“史上最駄目の文房具イベント”が、味をしめたか早々とリターンズ!!
『ラジコントレーラーつきボールペン』『全長3センチの極小ハサミ』…使いやすい・便利であるのが前提なはずの文房具が、なんでこんなに駄目なのか!? 使うと頭がどんどん悪くなりそうな文房具の数々を写真と現物で大量に紹介するナイト第二弾。
色物文具コレクターきだてたくの膨大な駄目ステーショナリーコレクションに対して、TVチャンピオン“文具通選手権”3連覇の文具王・高畑正幸と、文具メーカー勤務の文具マニア他故壁氏がまたしてもツッコミいれまくり!

【出演】きだてたく(色物文具コレクター)、高畑正幸(文具王)、他故壁氏

日時:5/17(土)
開場18時 開演19時 終了21時終了予定
場所:お台場・東京カルチャーカルチャー(ゼップ東京二階、観覧車右横)
前売券:1,500円 (飲食別) 当日券:未定
※前売券はローソンチケット3/19より発売開始です(Lコード33566)

東京カルチャーカルチャーは飲んだり食べたりしながら気楽にイベントを楽しめる飲食スタイルのイベントハウスで全席自由席です。入場は前売券の整理番号順となります。飲食代は別途必要となります(ドリンク\500〜)
東京カルチャーカルチャー:http://tcc.nifty.com/
お問い合わせ:tcc@list.nifty.co.jp
地図:http://tcc.nifty.com/accessmap
[PR]

by tech_k | 2008-03-13 23:08
2008年 03月 09日

文具以外食った日記

e0015461_12335240.jpg

昨夜の宴会めし
韓国魚市場『サンナッチ(生タコ躍り食い)』

以前から試してみたかった、韓国の生タコ躍り食い=サンナッチ。「くいてえくいてえ」と呟いていたら、嘘関係の皆さんからじゃあきだてくんの再就職祝い宴会をサンナッチ食える店でやろうよと言っていただきまして、行ってきました新大久保の韓国魚市場
このお店、刺身(魚一匹まるまる)を頼むと突き出しが20品付いてくる、というよく分からないシステムらしいので、参加者人数12人に見合うようイシダイやソイなど注文です。
待望のサンナッチはもちろんきちんと別注。「ハイオマタセタコテスー」と韓国のお姉さんが運んでくれた白いお皿の上では、かすかにうねりうねりと動くたこ足が。いやもっとうねうねうねうねうねしていて足だけで皿から逃げたりこぼれたり、というのを想像していたので、その点はちょっと期待通りではなかったのですが、ともかく生きてます。
「触手ジャンルだね」
「ジャパニーズヘンタイですよ」
「北斎漫画ですよ」
箸でつまもうとすると、表面はぬるぬるだわ、吸盤で皿に吸い付くわと必死の抵抗を見せるうねうね触手をなんとかつまみ上げ、塩ごま油にぴちぴちつけて口の中に入れると…あむあむ、うんウマイ。さほどの活きではなかったからか、歯で噛んでしまうともはやさしたる口中抵抗はなし。たまに頬の裏や舌に軽い吸盤吸い付き刺激があるぐらいです。味は、まぁ「生タコに塩とごま油つけて食べたらこんな感じの味だろうな」という想像からまず外れていない風味。食べてしまえばゲテモノ感はほぼゼロで普通にウマイなあ。あむあむ。
刺身はなかなかの鮮度で美味。突き出しに生牡蠣とかチヂミとかスライスチーズ巻き寿司とかケジャンとか結構な量がぽこぽんと出てきてなかなか満足。お値段は…まぁやっぱり刺身にこれだけの料理を足したらこれぐらいは取られるだろうなぁというお値段でした。突き出し+刺身というよりは普通に刺身のコースを頼んだと思えばさもありなんか。

あと、皆さんから就職祝いとしていろいろいただきました。上野大仏飴とか死にかけニワトリ人形(断末魔機能付き)とか変な靴下とか葱味噌せんべいとか。感謝。
[PR]

by tech_k | 2008-03-09 13:56