<   2008年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 28日

文具謎のプロジェクト日記

19時より、新橋で謎のプロジェクト会議。
敏腕プロデューサーういのきょうこ様の「きだてさんも参加してちょうだい」という指示により、なぜか同席させていただきました。
コードネーム:ティータイム(仮)と名付けられたこのプロジェクト、信頼文具舗和田さんはじめ、ケータイWatch『本日の一品』のゼロ・ハリ教授や携帯親指シフトキーボードなどでおなじみリュウドの社長など蒼々たるメンバーが揃っております。ううむなんかすごいことになりそうな予感。ま、大山鳴動して作るのはネズミ以下のおもしろ小物なんですけども。
たとえプロジェクトが挫折しても、このメンツとお知り合いになれただけで価値があったので、ボク的にはもう元が取れすぎ。今日もキックオフミーティングとは名ばかりの、3時間延々バカガジェット話で大盛り上がり大会ですよ。満腹。
[PR]

by tech_k | 2008-06-28 01:46
2008年 06月 22日

文具以外観てきた日記

土曜日は朝から『東京おもちゃショー2008』(一般公開日)見物。前日(業者日)から見に来てきだて宅に泊おまりしていたツカモト工場長といっしょに、めぼしいところをぐるぐると。イロブン的にめぼしい新製品は無しかなあ。
タカトミブースではペン回シャーな方がペン回し専用ペンPENZ GEARの実演されていたんですが、ステージの緊張からか、だいぶもったりとした危ういモーションになっていて「スゲー」という驚きは感じられず。あれは大変だなあ。

e0015461_12242225.jpg
「子供用塗り絵コーナーにそんなペン置いておくなユージン、ばかじゃねえのか」の図。振動がきつすぎて驚いたコドモが放り投げてたぞ。

e0015461_12495876.jpg
どこもぎっしり人だかりのバンダイブースの中で、奇跡の静寂ともいうべき注目されて無さだった『棒をたたせろ』コーナー。今さら感の強い思わせぶりテレビCM(サイトの「CM」でも視聴可)でちょっとは興味惹けてんのかと思いきや、子供たちから完全に無視されておりました。部外者が見ても「これは…まずいなぁ 」と思うほどに素通りされているステージで必死に頑張る企画担当者さんらが涙を誘う。


午後からは単身で秋葉原に移動。さすがの警察の多さに驚きつつ、ファミレスでブングジャム組ミーティング。夏の『セタガヤブングジャム2』の打ち合わせとドラマガ鼎談の収録、あと、まだ内緒のあれのアレを取材するためのシート作り。
夜はそのまま秋葉ヨド8階の『ザ・海峡』で、駄目文ナイトの記録担当としてカメラを回してくれていた文具王の後輩さんらにお越しいただいて、お疲れ様でした会。ありがとうございました。からあげ、うま。
[PR]

by tech_k | 2008-06-22 13:11
2008年 06月 20日

文具以外これは観に行くべき日記

マーキュリーマン
「マッハ!!!!!!!!」「ロケットマン」製作チームが作ったヒーロー映画。うわあもうその時点で観るしかないじゃないか。今回は佛頭や牛ではなく護符を守り護符の力で変身するヒーローなんですか。なんか逃げた像も捕まえるらしいぞマーキュリーマン。すごいぞ。

パンダフルライフ
…観たい。ごろごろごろーん。
[PR]

by tech_k | 2008-06-20 23:41
2008年 06月 15日

文具用巨大フデバコ買った日記

e0015461_22123899.jpg
本日のお買い物
『キャスター付きツールボックス』…1980円

先日のタモリ倶楽部収録帰りに文具王と、イロモノ文具輸送に最適なコンテナについて語り合ったんですが、その時に出た結論が“カートの付いた工具箱。引出とかいっぱいついてたらなお良し”というもの。で、いろいろと教えて貰ったり調べたりしていくうちに価格と購入しやすさでベターと判断したのが、この工具箱。っつか安すぎ。なんだよ1980えんて。東北地方ベースのホームセンター、コメリさんの通販でしたが、余所では同様品が8000円とか値段ついてましたよ。すごいなコメリ。

安いということの何がイイかというと、改造するのに躊躇しなくていいというところです。
まず不満だったのが、ナイロン製のタイヤ。アスファルト路面にナイロンタイヤは単なる爆音製造装置ですよ。ということでホームセンターでほぼ同径のゴムタイヤキャスターを購入、台座から車軸ブッ切ってタイヤ摘出・移植。1980円だと思えば多少荒い作業をしても平気です。っつかゴムタイヤキャスター2輪分でほぼ本体と同価格だよ。ともあれ、これでどんな悪路の先にでもイロブンをお届け可能。
あとは収納部にウレタン敷いたり詰めたり挟んだりで輸送中の破損リスクを下げつつ、色物文具にベストなチューンを施していきます。この辺は長年のノウハウがあるので、時間をかけてちょっとずつ改造していく予定。実戦デビューはいつになりますかしら。
[PR]

by tech_k | 2008-06-15 23:14
2008年 06月 14日

文具以外観てきた日記

e0015461_19304294.jpg
渋谷パルコ『ナンシー関展』
「平日の昼間でも大混雑。週末なんかもう」という事前情報は聞いていたんですが、とはいえ会期は明日までということで仕方ない。本日開通の副都心線に乗って観に行ってきました。
せめて午前中に行けば多少はマシかとも思ったんですが、やはり混雑。会場が小さいということもあってしばらくは入口からピクリとも動けず。ちまちまとした展示だからみんなじっくりと見入ってるんだよなあ。そら進まねえですよ。
中では、ナンシー関が彫った全てのハンコ5000個がびっちり。版画は刷り上がったものも面白いけれど、版の彫りの刃使いなんかも見ていると面白いんだよなあ。人物のほっぺたの部分、インクを付ければ白く抜ける部分だからどう彫ったって刷り上がりに変わりは無いんだけれど、版を見ると、例えば前田忠明と斉藤由貴ではあきらかに刃運びの細かさが違う。マエチュウ、えらい粗く彫られてやがんなあ。制作時期やなんやで変わるんだろうけれど、それでも「ふうん」と思うこと色々。あと、巨大なケシ板に彫られたジャイアント馬場はんこは一見の価値あり。

みりんさん情報で「ナンシー関仕事場再現のコーナーに水野晴郎はんこシールがびっしり」とあったが、今日はなし。晴郎追悼はもう終わりですか。残念。

著名人からナンシーに宛てた追悼文コーナーがあったのだけど、ついうっかり水道橋博士と大月隆寛の文で泣きそうになる。大月隆寛で泣きかけるなんてうっかりにもホドがあるぞ自分。
ああでもやはり早すぎたよナンシー。我々“人と話すよりもテレビにむかってブツブツ言うのが好きなデブ”代表として、自画像のように「けっ」と言い続けて欲しかった。

ショップコーナーで展示会先行販売の『ナンシー関 全ハンコ5147』(3990円)購入。まさにナンシー関が彫ったおよそ全てのハンコが載っているという本。ボリューム。あとは出版社を超えた全コラムが読める本が欲しいのですが無理ですか無理なのですか。


往復は、本日開通の副都心線で。おかけで我が家最寄りから渋谷までが乗り換え無し1本30分に。便利になったなあ。
ところで、開通当日からダイヤ乱れまくりで大変だったようですが、渋谷駅でも鉄の人らが「黄色緯線の内側に入ってくれないとホームドア閉められません。あと走る電車にフラッシュ焚くと運行に支障出るから勘弁して」と悲痛な叫びをあげる駅員さんの真横から身を乗り出してぱさぱさフラッシュ焚いてるんだから、そら電車も出発できんわな。勘弁して欲しい。
[PR]

by tech_k | 2008-06-14 20:28
2008年 06月 10日

文具究極コレクターイベント日記

e0015461_2254312.gif


“へんなさんかくのかお”マークのコーリン鉛筆コレクター、Kero556さんが、ついにその濃厚コレクションをいっきにご開帳! マジすか!?


『 コーリン鉛筆カタログ化計画・神戸展』

   鉛筆のあの匂いがたまらなく好き。
     へんな顔マークが好き。
      -いろんなコーリン鉛筆、集めてみました。


  期間:2008年7月2日(水)~7月7日(月)
      12:00~20:00 最終日は17:00迄
  場所:会場:gallery黄金舎 神戸市中央区海岸通4丁目3-13
         ポートビルディング2F
  協賛:分度器ドットコム http://bundoki.com
  展示予定:ゴールド芯、ハイピアス各硬度、
        芯ホルダー・ハイピアス、樹木鉛筆、
        ダーマトグラフ、鉛筆削り、什器等。
        Blog未掲載のものも何点か展示する予定。
  企画中:何かを販売する…かも? 機械ものを展示できる…かも?


この日程で神戸にお邪魔するのは難しそうですが、行きたいなぁ、日本一コーリン密度の高い空間。
ソソのかしたら東京やその他地域でも巡業してくれるんじゃないかしら、ということで、次は東京展をお願いします。
[PR]

by tech_k | 2008-06-10 23:12
2008年 06月 07日

文具トンデモ本大賞日記

本日のイベント『トンデモ本大賞2008』 みらい座いけぶくろ(豊島区公会堂)

出てきました、トンデモ本大賞。いや、『イロブン』がノミネートされてしまったとかそういうことでは無くて、単に出演者として。
大賞イベント中に演目として、普段のと学会の例会の雰囲気を学会員じゃないお客様にもおとどけ体験版、ともいうべき『と学会エクストラ』というコーナーがあるんですが、ありがたくもそこに唐沢俊一さんの「きだてさん、出てください」という推挙一喝、600人のお客様の前でイロブンライブ・ショートバージョンを演じることになったのでした。ひー。
ま、例のごとく演じてる最中の記憶が飛んでいるので、どうだったこうだったという話はないんですが、物販として持ち込んだ本がよく売れました。物販担当してくださった気楽院さん(ありがとうございました)のウデもあって最初に持ってきた20冊があっという間にハケてしまったので、急ぎ自宅に電話して「あともうちょっともってきてー」とヨメ急便依頼。追加で持ってきて貰った15冊もイベント終了と同時にハケて見事完売。今までのイベントのように、お客様が皆さんイロブンをご存知で本もすでに買って下さってる、というのとは状況がだいぶ違いますね。今回は多少なりと新規開拓になったのでしょうか。

二次会はいつもの秋葉原万世地下の貸し切り。たっぷり飲み食いし喋り倒し。楽しい一日でした。いや、前半の記憶は飛んでるので憶測で「楽しかった」と言ってるだけですけど。
[PR]

by tech_k | 2008-06-07 23:39
2008年 06月 01日

文具以外買った日記と文具イベント日記

e0015461_21543150.jpg

深見梅店『昔の梅干 梅肉チューブ』…¥450

有楽町の交通会館地下にある和歌山県アンテナショップで購入。
我が家はっつか私が一大梅干し消費大国であるため、我が家の卓上は梅干しの常備確保が重要な案件のひとつとなっているのですが、とりあえずこのチューブ練り梅と海苔さえあれば最低限朝食は安心なのです。で、以前買ったモノが切れてしまったのでいそぎ補充。
練り梅というか単に単に種を取った梅干しをザクザク叩いてチューブに詰めました、ぐらいの粗いものですが、これが旨い。なんせスーパーなんかで売ってるような軟弱な減塩梅漬けとはモノが違う。甘みなんか犬にでも喰わしやがれ的にがっちりしょっぱすっぱい、塩分20%の梅干しですよ。あー、ハチミツ入りとかそういうのはいらねんだウチは。舐めたら歯ぐきの付け根がきゅーと縮まるぐらいの酸っぱさと塩辛さがたまらんですよ。

銀座五十音主催のキッタハッタ展トークイベント『キッタハッタおぎのみちこ×ステーショナリープログラム和田哲哉』にお邪魔してきましたよ。
五十音の2階にある雀荘(!)という、ちょっとありえないロケーションでのトークライブですが、楽しませていただきました。うーん、やっぱり和田さんの話はひとつひとつ文具好きの腑にすとーんと落ちる、説得力のあるもの。おぎのさんは『自分のカードイベントなのに自作カードを持ってくるのを忘れる』という大技で会場を沸かせてくれました。ナイスだみっちゃん。
ライブ終了後は、大阪から参加のkero556さんから「え、マジすかすげー」というお話を聞かせていただいたり、「え、マジすかすげー」というひみつアイテムを見せていただいたり。関西も相変わらずアツいことになってんな。

あと、宇井野さんからイベント打ち上げに誘っていただきました。
「きだてさんも打ち上げ行く? 幡ヶ谷のちょっと面白い中華なんだけど」
「…もしかしてチャイナハウス?」
「知ってたかー」
もちろん行きますよチャイナハウスなら行きますとも。
食譜とるの忘れてたけど、今回は前回お邪魔した時と季節がほぼ同じこともあってか内容も似てたような。『叉鶏焼鶏』から始まって『黄ニラとベーコンの炒め』『スッポンのショウガ煮』『揚げ魚のパクチーあん』『シュウマイ』『豆苗炒め』『鹿肉のカシューナッツ揚げ』『チャーハン』『リーメン』『マンゴプリン』で〆。チャイナでシュウマイは初めてでしたが、中の玉葱がえらく甘くて旨かったよフー。
[PR]

by tech_k | 2008-06-01 21:56