<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 16日

文具チョコ日記

フデバコナイトでいただいた、衝撃のチョコレート。
文具王のお友達で、いつもブングジャムのイベントをお手伝いしていただいているTさん作。

e0015461_23294611.jpg


正直、この完成度はシャレにならん。おそろしいまでにカドチョコですよ。
食品用の型取り剤を使ったそうですが、それにしてもこの形を抜くのは相当に難易度高くないか。
しかも、口に入れて噛むと立方体のつなぎ目部分からサクッ、ほろりと崩れます。うまーい。なんで今までこの形のチョコが存在しなかったのか、というぐらいに食感が素晴らしい。
おそるべし、カドチョコ。
[PR]

by tech_k | 2009-02-16 23:41
2009年 02月 15日

文具イベント日記

e0015461_1973057.jpg

東京カルチャーカルチャー『駄目な文房具ナイトEX フデバコナイト』

ぽかぽか陽気なバレンタインのお台場、というロケーションにも関わらず挫けず曲げず倦まず、筆箱片手にお越し下さった皆様、まことにありがとうございました。おかげさまで大盛り上がりのイベントになったのではないかと思います。ちなみに今回もありがたいことに当日券含めSOLD OUTでした。
こちらの予想を遙かに超えて(ぶっちゃけ、当初予想の倍近く)60個近い、それぞれ個性溢れるフデバコが集まってしまい、ブングジャムおよびスタッフ一同、嬉しい悲鳴でしたよ。いや本当にありがたいことです。とはいえ、こちらの見立ての甘さから、第二部(みんなの筆箱紹介コーナー)がかなりの駆け足になってしまい、せっかくお持ちいただいた筆箱をじっくりチェック&解説できなかったのが心残りとなってしまいました。もし次回このようなイベントをやる機会がありましたら、もう少しやり方を考えたいですね。

第二部と言えば、『筆箱採集帳』のカメラマンにして、今回の皆さんの筆箱撮影もお願いしました“たぶん日本一筆箱の写真を撮ってるカメラマン”こと鈴木省一さんも壇上に上がっていただき、筆箱へのカメラマン視点のコメントをいただきました。鈴木さん、感謝。

バレンタインということで、多くの方からチョコやチョコ的なもの、チョコとは何の関係もないものなどなどいっぱいいただきました。ありがとうございます。うへへへ。
[PR]

by tech_k | 2009-02-15 20:04
2009年 02月 12日

文具以外食った日記

本日の食べたもの
蓮馨寺境内の屋台『焼きそば 大』…500円

休日出勤を覚悟していたものの、幸い緊急回避成功。ということで急に思い立ち、以前にデイリーポータルで紹介されてたりマイミクわきみさんも大推薦だったりする川越市蓮馨寺の極太麺焼きそばをたぐりに行く。なんせ自宅から一本で30分だ。近い近い。

昼飯時に到着できるよう調整して、東上線川越市駅から徒歩10分ほど。ぽてぽてと歩いて蓮馨寺着。
e0015461_23514545.jpg

マンションと商店街に囲まれた中にぽこっ、と空いたようなお寺さん。ただひとつ異常なのは、境内に入った瞬間に漂う香ばしいソースの香り。ソース空間か。ソースゾーンか。腹の空き具合もあって嗅いだ途端にもう辛抱たまらんようになるが、ここはグッと我慢。祀られているお上人が学問に縁の深いということで、まずは時期がらいつもお世話になってる方々の合格祈願で手を合わせてからにする。こういうのって満腹してからやるとゲンが薄いような気がしませんか。
お堂の前でたっぷり自分の食欲をなぶって放置するSプレイを楽しんだ後、おもむろに境内のテント屋台に向かい、焼きそば大盛りを注文。

e0015461_23331882.jpg

超極太麺をたっぷり二玉をキャベツと一緒に鉄板にあけ、そこに鶏挽肉まじりのスープをお玉でどばーっとそそいでは焼き、さらに追加でそそいでは焼き。とどめにソースをからめて炒めて完成。具はキャベツとスープに入っていた鶏挽肉のみ、というシンプルさ。
かけ放題の青のりを散らしていただきます。…あむあむ。あむあむあむあむあむあむあむあむ。あむあむこれはうむうむうむ美味美味。あむあむあむ。ずびっ。あむあむあむ。旨いあむあむ。気が付いたら極太二玉の大ボリュームがすかっと胃に収まっておりました。ノンストップ。これは本当に旨い。
まず極太麺がスープを吸ってモチモチのムチムチ。たぐって歯を入れると、「むちっ…むちーん」という食感で切れます。そこをもちもちと噛み続けると、濃厚なソース味の中に小麦の味と香りがふわり。そんな焼きそば、今まで食べたことないですよ。具の種類が少ないので、余計に麺の旨さが分かります。キャベツもスープ焼き効果で甘いことこの上なし。
あまりにも旨かったので、麺玉だけ売っていたのを二玉購入(120円×2)。

ついでに川越観光もしていきたかったけど、週末の準備があるのでそのまま帰宅。
仕事が落ち着いたらまた焼きそば食いに行こう。

ということで、今週末は準備万端でお送りしますイベント、『駄目な文房具ナイトEX〜フデバコナイト』in東京カルチャーカルチャーですよ。もう残席わずか!! 行こうかやめようか迷ってる方は、まず買ってから悩んだ方がよいですよ売り切れますよ。いそげいそげ。
『駄目な文房具』のタイトルは伊達じゃない! 皆様の筆箱以外にも、我々のコレクションから「駄目なイロモノペンケース」も紹介していきますよ。余所では絶対に見られないカオスな筆箱ワールドを堪能できるのはブングジャムのイベントだけ!です。お見逃し無く。
[PR]

by tech_k | 2009-02-12 00:35
2009年 02月 08日

文具のある生活日記

朝から秋葉原でブングジャム打ち合わせ&ドラマガ駄文具うぉーかー鼎談。朝から晩まで文具の話だけしていられる悦楽。ありがたいことに次回の駄文具うぉーかーは増ページとのことで、取り上げる文具も筆箱本に合わせて(?)ムニャムニャのモニョモニョ。頑張りました。
そして来週はいよいよ『駄目な文房具ナイトEX〜フデバコナイト』in東京カルチャーカルチャーですよ。残席僅少とのことなので、観覧ご希望の方でまだチケット押さえられていない方はお急ぎを!! チケットはセブンイレブンeプラスでどうぞ。

ちなみに今回は、『ブングジャムの三人がそれぞれプロデュースした筆箱を物販コーナーで売るよ。実は限定1個なんだけどね。ごめんね』というスペシャル企画もございます。「1セット2000円まで」という縛りで三人それぞれが筆箱と文具のコンセプトモデルセットを作りまして、それをそのまま2000円で販売いたします。ただし「きだてモデル」「文具王モデル」「他故壁氏モデル」各限定1個。どんな筆箱が用意されているかは当日会場に来ないと分かりませんが(というか私も他の二人がどんな筆箱を用意しているのか現時点では不明)、正味の所、縛りと言いつつ「文具買うのはできれば2000円以内に納めようね。でも自分のコレクションとか手持ちの文具を切り崩して筆箱に入れておくのは黙認にしよっか」というユルユルなレギュレーションの元に構成されているため、どうにもとんでもない筆箱ができあがりつつあるご様子。気になる方はぜひ会場までお運び下さい。あ、購入希望者多数の場合は抽選になりますので、ご了承下さい。
それ以外にも新刊『筆箱採集帳』や、懐かしのサンスター『アーム筆入れ』などを物販予定。さらに、ブングジャムメンバーの著書をお買い上げのお客様には、先着で銀座五十音の店主ういのきょうこお姉様はじめ美女スタッフから愛情チョコのプレゼントがあるとのウワサ。えー、じゃあボクも買います。

写真は、秋葉原のパチンコ屋店頭にあったコインロッカー。なんというか、すごい。
個人的には『荷物、侵入』が好き。ロッカーの気持ちを代弁しているのか。一個ぐらい無料ロッカーを設置しておいて「サービスサービスぅ」とか書いといてくれるとか、どうか。
e0015461_0193195.jpg
e0015461_0194744.jpg

[PR]

by tech_k | 2009-02-08 00:20